• 店舗リサーチツールの使い方 仕入分析レポート(仕入管理)

店舗リサーチツールの使い方 仕入分析レポート(仕入管理)

アマストリームには、スマートフォンのGPS機能を使った仕入管理機能が搭載されています。どこの店舗でどれだけ仕入れ、いくら売り上げたかなどを、「仕入分析レポート」に集計します。仕入店舗ごとの仕入効率や、ご自身の目利き力を、感覚ではなくデータで把握できます。

1.仕入管理機能の使い方

 

ATTENTION!

・当機能をご利用の際は、お使いの端末のGPS機能をONの状態にしてください。

<GPS機能のON/OFF切り替え方法>

iOS

Android

・レポートのご利用には、事前のGmailアドレス登録が必要です。

こちらをご参照いただき、レポート閲覧用Gmailアドレスの登録をお願いします。

 

 

1.1仕入店舗を指定する

①店舗リサーチツールを開きます。

店舗リサーチツールを開く

 

をアイコンタップすると、下部に店舗検索エリアが表示されます。

 

③次に、店舗を指定します。

「地図のキーワードの絞り込み」にキーワードを入力し(❶)、店舗情報を取得したい現在地からの半径距離をタップします(❷)。すると、該当する店舗が下に表示されます。(❸)

 

④仕入を行う店舗が見つかったら、その店舗の「選択」をタップします。すると、背景が青く反転します。

選択し直す場合はリセットをタップし、再度選択しましょう。

 

⑤「閉じる」ボタンで表示を閉じ、店舗選択は完了です。

 

 

POINT

表示される店舗名は、タップすることで、簡単にカスタマイズすることが可能です。

 

 

 

1.2リサーチを行う

仕入店舗を指定した状態で、リサーチを行います。

仕入店舗の移動毎に、1.1の手順で店舗の指定を行ってください。

 

 

1.3集計されたデータを確認する(仕入分析レポート)

集計されたデータは「仕入分析レポート」にまとめられ、以下について確認できます。

・日付/店舗/カテゴリー/コンディションで条件を絞っての、販売価格・仕入額・粗利益合計/平均利益率/平均ROI/HIT率

・仕入店舗や仕入日によるリサーチ効率

・仕入商品のランキング分析

・リサーチ商品と仕入商品のランキング歩留まり状況

・仕入商品の重量/サイズ/カテゴリー比率

 

リサーチ〜仕入の現状を数値化し、ご自身の仕入効率や目利き力を客観的に捉えることができます。

 

1.3.1仕入分析レポートへのアクセス

①仕入分析レポートを開く

PCで店舗リサーチツールを開き、店舗リサーチ検索画面からレポートのアイコンをクリックします。

 

POINT

スマートフォンで開く場合も同様の手順で、店舗リサーチ検索画面のレポートのアイコンからご利用いただけます。

 

 

②以下の画面が開かれますので、「レポートを見る」をクリックします。

 

③レポートに遷移します。

 

 

1.3.2各項目の説明と見方

 

◯フィルター設定

確認したいデータの絞り込みを行います。ここでのフィルターは、レポート全体に反映します。

 

◯サマリー

「フィルター設定」で指定した条件での、トータルの数値を表示します。

※平均ROI=期間内の各仕入のROIの平均 (ROI/仕入回数)

※平均利益率=期間内の各仕入れの利益率の平均(利益率合計/仕入回数)

 

 

◯日付毎のリサーチ効率

・リサーチ効率

商品リサーチ時のスキャン数とHIT数(仕入まで至ったスキャン数)を基にHIT率を算出し、日付毎にリサーチ効率を可視化します。

※HIT数=仕入まで至ったスキャン数

※HIT率=HIT数/スキャン数

 

・仕入商品ROI推移

日付毎の仕入商品の平均ROIを表示します。「リサーチ効率」グラフと合わせることで、日付毎のリサーチ効率を確認できます。HIT率の数値が高かった日の平均ROIも高ければ、効率の良い仕入ができたということになります。

 

◯仕入店舗毎のリサーチ効率

・仕入場所

グーグルマップ上で、仕入商品の平均ROIの高い店舗を確認できます。仕入れた商品の平均ROIが高い店舗ほど、マップ上のバブルが大きく表示されます。

 

・店舗別リサーチ効率

店舗毎の平均ROIを数値化し、昇順/降順に並び替えての確認が可能です。「どこの店舗で仕入を行うとしっかり利益が取れるか」を、感覚ではなく具体的に把握できます。

 

 

◯ランキング分析

・仕入原価とランキングの分布

回転の速い商品に投資できているかを確認できます。ランキングが低いのに仕入原価の高いものが多いと、なかなか利益にはつながりません。

 

・仕入時のランキング推移の分析

仕入商品の、仕入前月から当月にかけてランキングが上昇/下降したASIN数を表示します。

仕入商品が全般的に上昇傾向の場合、売れ筋の商品を多く仕入れられている=「目利きが良い」ということになります。

 

◯ランキング歩留まり状況

リサーチした商品と実際に仕入商品の、ランキング比率を可視化しました。仕入商品での高ランキング比率が高くても、リサーチ商品での比率が低い場合は、効率の良いリサーチができているとは言えません。リサーチ時に高ランキングの商品を手に取れるよう、目利き力を磨きましょう。

 

◯項目別仕入比率

仕入商品の、重量/サイズ/カテゴリー毎の比率を確認できます。

 

◯仕入商品リスト

「フィルター設定」の条件に適った商品が一覧で表示されます。商品毎に、以下の項目について確認できます。

日付(仕入日)/ASIN/タイトル/店舗名販売価格/仕入原価/利益額/数量/利益率/ROI

 

 

ATTENTION!

・当レポートには、レポート閲覧用Gmailアドレス登録以降の仕入データが集計されます。

 

・レポート閲覧時には、ご登録のGmailにログインしている必要があります。

 

・当レポートは、店舗リサーチのみの結果が反映されます。電脳リサーチは含まれておりません。

 

・仕入額、販売価格、数量等のデータは、店舗リサーチ検索画面にて入力された数値が反映されます。仕入リスト及びアマストリーム出品画面にて入力された数値は、当レポートには反映されません。

 

・当レポートは、現時点ではPCでの閲覧に適した仕様となっております。スマートフォンでも閲覧は可能ですが、見づらい表示となりますこと、ご承知おきください。