• 店舗リサーチツールの使い方 設定画面

店舗リサーチツールの使い方 設定画面

アマストリームの店舗リサーチツールは、以下のような機能を搭載しています。ツールの力で、店舗リサーチと仕入れ管理を、劇的に効率化させます。

 

店舗リサーチツールの機能

・スマートフォンのカメラ機能やBluetoothバーコードリーダーでスキャンするだけの簡単リサーチ
バーコードをスキャンするだけで、商品情報やライバル情報、ランキングや価格の推移、月間販売数の目安といった、Amazonで売れる商品を見極めるのに必要な情報を取得できます。もちろん、キーワードやJAN、EANの直接入力での検索にも対応しています。

 

・Keepaへのログイン不要でKeepaグラフの確認が可能
Keepaへの有料登録が不要なので、コストを抑えられます。
※ 店舗リサーチ以外(在庫画面などアマストリームの機能全般)のKeepaの拡張部分のご利用につきましては、Keepaへのログインが必要となります。

 

・インストアコード対応(BOOKOFF、GEO)
BOOKOFFの場合、インストアコードから販売価格も取得するので、リサーチの手間をさらに軽減します。

 

・商品の見極めもアラート機能にお任せ
定価越え・月間販売予測数・Amazonでの新品の出品なし・カテゴリーとランキング・ROI率・利益額で、希望条件を設定。ご希望に適った商品が見つかった際に、アラートでお知らせします。

 

・音声読み上げ機能を搭載
イヤホン+バーコードリーダーで情報を耳から取得し、能率的な店舗リサーチが可能です。

 

・粗利、ROI率を自動計算
面倒な計算もお任せください。

 

・「カスタムURL」で、検索結果からお好みのサイトへ瞬時にリンク
該当商品のページへも、一発で遷移できます。

 

・仕入店舗と仕入商品を自動管理
スマートフォンのGPS機能を使い、仕入れた店舗と商品を紐付け。どこの店舗でどれだけ仕入れ、どれだけ売り上げたかなどを、感覚ではなくデータとして確認が可能です。

 

・リサーチから出品、価格改定、アフターフォローまでを一本化
そのままアマストリームで出品できるため、作業の無駄がありません。

 

・簡単、かつ、わかりやすい設定と操作方法
必要最低限に絞られた設定で、ご希望の商品リサーチを行います。設定さえ作ってしまえば、あとは現場で指一本で設定を呼び起こせます。

 

ここでは、店舗リサーチツールの設定方法についてご案内いたします。

 

1.店舗リサーチツールの設定方法

1.1店舗リサーチツールを開く

スマートフォンで、上記のブラウザより会員サイトにログインします。

会員サイトにログイン

 

会員サイトトップページの「ツール」タブ、もしくは、「リサーチ」ウィジェット内の「店舗リサーチ」よりアクセスできます。

 

 

 

以下のリンクからも、店舗リサーチツールを開けます。

店舗リサーチツールを開く

 

 

POINT

通常のご利用の際は、ホーム画面にリサーチツールのショートカットアイコンを追加しておくと便利です。

 

 

店舗リサーチツールの検索画面が表示されます。

 

画面右上の設定アイコンをタップし、設定画面を開きます。

 

以下が設定画面です。

 

各設定項目について説明します。

 

1.2変更する設定を選択してください

設定を行う設定名を選択します。デフォルトでは以下の4設定が登録されています。

新品/ブックオフ/ツタヤ/GEO

設定を増やすことが可能です。設定をカスタマイズして作成する方法についてはこちら

1.3管理用名称

設定名の登録・変更を行います。

1.4バーコード設定

読み込むバーコードの種類を、以下の4つから選択します。

バーコードの種類 特徴
オート JAN、ブックオフ、GEO全てのコードを読み取ります。万能ですが、読み込みが若干遅くなります。
JAN JANのみを読み込みます。
ブックオフ ブックオフのインストアコードを読み込みます。
GEO GEOのインストアコードを読み込みます。

1.5カメラ設定

設定項目 選択項目 内容
初回起動 する/しない ページ読み込み時にカメラを起動するかを選択します。
撮影結果を表示 する/しない バーコードを読み込んだ際の写真を検索結果に表示するかを選択します。
プレビュー設定 フル/大/小/非表示 カメラのプレビューのサイズ/非表示を選択します。
自動停止までの時間 秒数を設定 カメラでスキャンをしない場合に自動的にカメラを停止します。停止するまでの時間(秒)を指定します。
※長時間カメラを起動した場合、バッテリーを消費しますのでご注意下さい。

1.6リサーチ設定

リサーチの対象と、粗利・仕入目安計算の基本設定を行います。

設定項目 選択項目 内容
表示するコンディション 新品,中古/新品/中古 ライバル出品者の情報を取得するコンディションを選択します。
※新品,中古両方を取得する場合には、1つのコンディションよりも応答時間が長くなる場合があります。
自身の出荷経路 FBA/自己発送 手数料計算に反映されます。また、仕入れリストに登録する際の初期値となります。
最安値にはFBAを優先して設定する(新品) する/しない ライバルに新品・FBA出品者がいる場合、新品・FBA出品者の最安値を粗利・仕入目安計算に利用します。存在しない場合は自己発送出品者の最安値を利用します。
最安値にはFBAを優先して設定する(中古) する/しない ライバルに中古・FBA出品者がいる場合、中古・FBA出品者の最安値を粗利・仕入目安計算に利用します。存在しない場合は自己発送出品者の最安値を利用します。
最安値に利用するコンディション 新品/ほ新以上/非良以上/良以上/可以上 粗利・仕入目安計算の際、最安値に利用するコンディションを指定します。
複数のコンディションが見つかった場合 新品で計算する/中古で計算する 複数のコンディションでライバル出品者がいた場合、どちらのコンディションを使って粗利・仕入目安計算を行うかを指定します。
下位のコンディションしかいない場合は、下位コンディションの最安値を利用する 利用する/利用しない

「最安値に利用するコンディション」で指定したコンディションよりも低い状態のものしかいなかった場合、指定したコンディションにより近いコンディションの最安値を、粗利・仕入目安計算に利用するかを選択します。
【例】「最安値に利用するコンディション」で「ほ新以上」を指定。実際には「非良」「良」しかいなかった場合、「非良」の最安値を利用します。

仕入れ原価のプリセット方法 Amazon最安値を利用/
Amazon参考価格(定価)を利用/
均一棚/
バーコードから売価を取得(ブックオフのみ対応)

粗利を自動算出する際の、仕入原価(もしくは仕入目安)の設定を行います。

【Amazon最安値を利用】Amazon最安値を、仕入目安計算に利用します。例えば、利益率10%以上・最低1000円以上の利益を残すためにいくらで仕入れたら良いかを自動計算します。個別売価の際の、仕入目安算出に使います。

【Amazon参考価格を利用】定価を基準に、仕入原価を設定します。新品ワゴンセールなど、定価からの定率割引のケースに使います。

【均一棚】仕入原価を定額で設定します。均一棚など、仕入原価が一律のケースに使います。

【バーコードから売価を取得】バーコード設定が、ブックオフの場合、インストアコードから仕入原価を取得します。セール時の割引率の設定も可能です。

自己配送-コスト 金額入力 自己配送する際の資材などのコストを加味して粗利計算することができます。
FBA納品-コスト 金額入力 FBAに納入する際の出荷送料等コストを加味して粗利計算することができます。
カスタムURL URL入力

カスタムURLを作成し、リサーチ画面にリンクボタンを設置することで、ワンクリックでウェブページを開くことができます。デフォルトではAmazonとモノレートが設定されており、トータル5件まで登録可能です。
※現在、モノレートのリンクボタンはご利用いただけません。

{asin}、{jan}を利用することで、URLを動的に変更できます。
【例】DELTAtracer(https://delta-tracer.com/)の場合
https://delta-tracer.com/item/detail/jp/{asin}
上記のように登録しておくと、リサーチ画面から該当の商品情報を一発で開くことができます。

 

読み込み結果の保存件数 件数登録 読み込み結果を、最大何件残しておくかを設定します。

1.7アラート設定

アラートでお知らせする条件を設定します。

設定項目 選択項目 内容
定価越え ON/OFF 定価越えの場合にアラートするかを設定します。これを使うことで、プレ値商品の発掘が可能です。
1ヶ月の販売実績 ON/OFF

1セラーあたりの1ヶ月の販売予測数(※)がしきい値以上の場合にアラートするかを設定します。ランキングだけに頼らず、実際に売れている商品を見つけやすくなります。

※販売回数(ランキンググラフの下降回数現在のライバルセラー数(自身含む)

新品なし ON/OFF 新品のライバルがいない場合にアラートするかを設定します。
カテゴリーとランキング設定 ON/OFF

カテゴリーごとにランキングを設定でき、それを満たしている場合にアラートするかを設定します。

ROI ON/OFF

ROIが、指定した%以上の場合にアラートするかを設定します。

※「仕入れ原価のプリセット」が【Amazon最安値を利用】の場合は、表示・適用されません。

利益 ON/OFF

利益が、指定した金額以上の場合にアラートするかを設定します。ランキングによって利益額が指定でき、最大5条件まで設定可能です。

これを使うことで、以下のような検索を同時に行うことができます。
・ランキングの高い商品は利益が少なめでもアラート
・ランキングの低いロングテール商品は利益が大きい時のみアラート

※「仕入れ原価のプリセット」が【Amazon最安値を利用】の場合は、表示・適用されません。

合致条件 全て合致したら/一つでも合致したら アラート設定で設定した条件が「全て合致したら」もしくは「一つでも合致したら」アラートするかを設定します。
音声設定 音声再生する/音声再生しない

ランキングや月間販売点数予測、最安値など、ご希望の内容を選択して組み合わせ、音声で情報を聞くことができます。

…音声サンプルを再生します。

…音声サンプルをストップします。

※月間販売予測数とは、1セラーあたりの1ヶ月の販売予測です。
数販売回数(ランキンググラフの下降回数現在のライバルセラー数(自身含む)

1.8出品登録設定

設定項目 選択項目 内容
登録時のコンディションの初期状態 新品/ほ新/非良/良/可 仕入れリストにコンディションを登録する際の初期値となります。
コレクター表示 する/しない コンディションにコレクターを表示するかを設定します。
※コレクターの場合は価格改定ができませんのでご注意ください。

1.9システム設定

設定項目 選択項目 内容
APIを使用するセラー セラー名をプルダウンより選択

検索時にMWSを利用するセラーを設定します。複数セラーをお持ちの場合、仕入れリストに入れた商品を別のセラーから出品することも可能です。
出品コメント、価格改定設定は、選択したセラーの設定に基づいて仕入れリストに登録されます。

※ゲストモードをご利用の場合、こちらはご利用いただけません。

ライバル情報取得モード 詳細/簡易

取得するライバル情報の詳細/簡易を選択します。

簡易➡︎ライバルの内容がある程度まとまって表示されます。最安値の確認はできますが、出品者数は表示される内容よりも多い場合があります。

詳細➡︎簡易モードよりも、出品者数をより正確に取得できます。

※詳細モードの場合、1時間に検索できる商品数に制限があります。
「ライバル情報を取得するコンディション」が「新品、中古」の場合は100回まで、いずれかの場合は200回までとなります。

1.10設定の新規作成と保存・削除

アマストリーム の店舗リサーチツールでは、カテゴリーや店舗、セールの種類などシチュエーションに応じて設定をカスタマイズして作成し、増やしていくことができます。設定の保存・削除・新規作成は、設定画面最下段のボタンで行います。

削除…その設定ページそのものが削除されます。

コピー…現在開いている設定ページのコピーを作成します。

閉じる…設定画面をクローズします。

保存…登録した設定内容が保存されます。

 

1.10.1設定の新規作成方法

①「変更する設定を選択してください」にて、作成したい設定内容に一番近い設定をタップして、設定ページを開きます。ここでは例として、「新品」をコピーして「新品 家電」という設定を作成していきます。

 

②設定画面最下段の「コピー」ボタンをタップします。

 

③確認画面が表示されますので、OKをタップします。これでこの設定画面の内容のコピーが作成されます。(ここでは「新品」をコピーしました)

 

④コピーが作成されました。

 

⑤設定名を変更すると、設定ボタンに反映されます。他、各設定をカスタマイズして登録しましょう。

 

⑥最後に「保存」ボタンをタップして作成完了です。

 

作成された設定は、リサーチ画面の設定モード選択にも反映され、瞬時に設定を呼び出すことができます。

 

2.シチュエーションと設定例

以下は、あくまで設定例です。ご参照いただき、カテゴリーや自身のセラーに合った設定を作成しましょう。

※ポイントとなる設定のみを掲載しています。
※赤字の箇所は、その検索のキーとなります。

  新品均一セール 新品ワゴンセール 中古個別売価 中古プレミア商品検索
バーコード設定 オート オート オート オート
リサ|チ設定 表示するコンディション 新品 新品 新品、中古 新品、中古
最安値を利用するコンディション 新品 新品 良い以上 良い以上
複数コンディション見つかった場合 新品で計算 新品で計算 中古で計算 中古で計算
仕入れ原価のプリセット方法 均一棚:◯円 Amazon参考価格(定価)を利用:割引率◯%OFF Amazon最安値を利用:0%0円 Amazon参考価格(定価)を利用:割引率0%
アラート設定 お好みで設定 お好みで設定 音声設定で「仕入目安」 「定価越え」をON
備考   仕入原価を、「定価から◯%OFF」で設定します。 この場合、
仕入目安=最安値-手数料(コスト合計)
となります。音声設定で仕入目安を設定すれば、Amazon入金額を耳で聞きながら仕入れ判断ができます。
仕入原価が定価の設定です。

 

  ブックオフ・100円コーナー(税込110円) ブックオフ・個別売価 GEO
バーコード設定 オート ブックオフ GEO
リサ|チ設定 表示するコンディション 中古 中古 中古
最安値を利用するコンディション 良い以上 良い以上 良い以上
複数コンディション見つかった場合 中古で計算 中古で計算 中古で計算
仕入れ原価のプリセット方法 均一棚:110円 バーコードから売値を解析 状況に合わせて設定
アラート設定 お好みで設定 お好みで設定 お好みで設定
備考   ブックオフのバーコードから商品情報と仕入原価を取得します。 GEOのバーコードから、商品情報を取得します。仕入原価は状況に合わせて設定してください。

 

3.スマートフォンにリサーチツールのショートカットアイコンを追加する

お持ちのスマートフォンに、当リサーチツールのショートカットアイコンを追加しておくと便利です。
以下の手順で、ホーム画面にショートカットアイコンを追加することが可能です。

3.1iOS端末での追加手順

①画面を開いた状態で、画面下の共有ボタンをタップします。

 

②メニュー一覧が表示されます。
「ホーム画面に追加」をタップします。

 

③以下のように画面が切り替わります。
ここで、ホーム画面上に表示される名称を編集することができます。

最後に「追加」をタップします。

 

④ショートカットアイコンが追加されました。

 

3.2Android端末での追加手順

①画面を開いた状態で、画面右上のメニューアイコンをタップします。

 

②メニュー一覧が表示されます。
「ホーム画面に追加」をタップします。

 

③以下のように画面が切り替わります。
ここで、ホーム画面上に表示される名称を編集することができます。

最後に「追加」をタップします。

 

④ショートカットアイコンが追加されました。