• 店舗リサーチ機能の使い方

店舗リサーチ機能の使い方

アマストリームは、スマートフォンのカメラ機能とBluetoothバーコードリーダーを利用した店舗リサーチ機能を搭載しております。仕入れリストを作成し、そのまま出品を行えるため、作業の無駄がありません。

ここでは、店舗リサーチ機能の使用方法についてご案内いたします。

 

店舗リサーチ機能は、現在限定プレビューとなっており、近日中の一般公開を予定しております。
機能公開まで、今しばらくお待ちください。

 

1.店舗リサーチ画面について

 
ATTENTION!

店舗リサーチのカメラ機能は、スマートフォンのOSによって使用できるブラウザが限定されます。
・iOS(iphone)・・・Safari
・Android・・・Chrome

上記のブラウザ以外でリサーチ機能を開くと、下図のようにエラーが表示されます。
この場合、カメラ機能をご利用いただけませんのでご注意ください。

 

なお、当機能はBluetoothバーコードリーダーに対応しております。
Bluetoothバーコードリーダーをご利用の場合は、どのブラウザでも問題ありません。

 

1.1店舗リサーチ画面を開く

スマートフォンで、上記のブラウザより会員サイトにログインします。

会員サイトにログイン

 

 

会員サイトトップの「リサーチ」ウィジェット内、「店舗リサーチ」をタップします。

店舗リサーチ画面はこちらから

 

店舗リサーチ画面が表示されます。

 

1.2各アイコン、ボタンについて

画面上の各アイコン、ボタンについて説明します。

 

❶商品検索 検索窓にJANやEAN、キーワードを入れ、右側の検索ボタンをタップして、商品の検索をします。
❷カメラ機能 タップすると、カメラ機能が起動します。
❸仕入れリスト 店舗リサーチ機能で仕入れた商品をリストアップします。
❹設定 店舗リサーチ機能の設定を行います。設定についてはこちら
❺バーコード読み取りモード選択 バーコードの読み取りモードを選択します。
ブックオフ、GEOのインストアコードに対応しております。
簡易テンキー表示選択

仕入原価入力の際、標準のキーボードを使用すると画面を専有してしまいます。「独自キー」を選択すると、簡易のテンキーを表示させることができます。

❼クリア

スキャンした情報を全て削除します。

❽プレビュー

カメラ機能を起動させた際、ここにプレビューされます。プレビューは、サイズ(大/小)・非表示で設定できます。

❷同様、こちらをタップしてもカメラ機能は起動します。

❾マニュアル

マニュアルにページ遷移します。

➓画面移動

画面トップ/最下部に移動します。

 

 

2.店舗リサーチ機能の設定方法

画面右上の設定アイコンをタップし、設定画面を開きます。

 

以下が設定画面です。

各設定項目について説明します。

 

2.1全体設定

リサーチ機能全体の基礎設定を行います。

APIを利用するセラー ※必須

当機能は、MWSを利用して検索します。ここでは、MWSを利用するセラーを選択し設定します。
複数セラーをお持ちの場合、仕入れリストにいれた商品を別のセラーで出品することもできます。
出品コメント・価格改定設定は、選択したセラーの設定をもとに仕入れリストに登録されます。

※ゲストモードをご利用の場合、こちらはご利用いただけません。

Resolution(width) ※必須

モニター解像度。モニター全体のピクセル単位での幅を設定します。
以下のプルダウンより選択できます。
・320px
・640px
・800px
・1280px
・1600px
・1920px

 

2.2カメラ設定

バーコードをスキャンする際に起動するカメラの設定を行います。

初回起動
ページ読み込み時にカメラを起動する/しないを選択します。
撮影結果を表示
バーコードを読み込んだ際の写真を検索結果に表示する/しないを選択します。
プレビュー設定
カメラのプレビューのサイズ/非表示を選択します。
自動停止までの時間
当機能は、カメラでスキャンをしない場合に自動的にカメラを停止します。停止するまでの時間(秒)を指定します。
※長時間カメラを起動した場合、バッテリーを消費しますのでご注意下さい。

 

2.3リサーチ設定

商品リサーチについての設定を行います。

 

ライバル情報取得モード

取得するライバル情報の詳細/簡易を選択します。

簡易➡︎ライバルの内容がある程度まとまって表示されます。最安値の確認はできますが、出品者数は表示される内容よりも多い場合があります。

 

詳細➡︎簡易モードよりも、出品者数をより正確に取得できます。

※詳細モードの場合、1時間に検索できる商品数に制限があります。
「ライバル情報を取得するコンディション」が「新品、中古」の場合は100回まで、いずれかの場合は200回までとなります。

表示するコンディション ※必須  
ライバル出品者の情報を取得するコンディションを選択します。
※新品、中古両方を取得する場合には1つのコンディションよりも応答時間が長くなる場合があります。
 
自身の出荷経路
手数料計算に反映されます。また、仕入れリストに登録する際の初期値となります。
自身のコンディション
仕入目安を算出・初期表示する際に利用されます。また、仕入れリストに登録する際の初期値となります。
仕入れ目安設定
仕入れ目安となる金額を、自動で計算します。 例えば、 利益率10%以上、最低1000円の利益を残すためには、いくらで仕入れたらよいかがひと目で確認することができます。
自己発送/FBA納品-コスト
自己配送する際の資材などや、FBA納入する際の出荷送料などのコストを設定して利益計算することができます。(1商品あたり)

 

2.4出品登録設定

当機能で作成した仕入れリストを出品登録する際の設定を行います。

 

コレクター表示
コンディションにコレクターを表示する/しないを設定します。
※コレクターの場合には価格改定ができませんのでご注意下さい。

 

2.5設定の保存

各項目の入力が完了したら、「保存」をタップし、設定は完了です。

 

※「初期値に戻す」をタップ→リロードで、システムのデフォルト設定の状態に戻ります。

 

 

3.店舗リサーチ機能の使い方

店舗リサーチ機能の実際の使用方法を説明します。

スマートフォン搭載のカメラを利用する場合
Bluetoothバーコードリーダーを利用する場合

 

3.1スマートフォン搭載のカメラを利用する場合

3.1.1バーコードを読み取る

❶バーコード読み取りモードを選択します。

簡易テンキー表示について選択します。

❸カメラアイコンをタップし、カメラを起動させます。

❹「前面側カメラ」「背面カメラ」を選択します。(デフォルトでは背面カメラに設定されています。)

❺カメラをバーコードに向けると自動的にバーコードを読み取り、下図❺のようにスキャン結果を表示します。
一覧表には「リサーチ設定」で設定された内容を基に各項目が算出・表示されますので、自身のコンディション・出荷経路に合わせた仕入れ目安を確認します。

 

スキャン結果の見方

リサーチ設定で設定した自身の出荷経路・コンディションの列を確認します。
(設定したもの以外の出荷経路・コンディションについては、実際のコストと相違しますのでご注意ください)

<各項の説明>

項目 内容
仕入れ目安 リサーチ設定」で設定された内容と手数料を加味した仕入れ目安金額を、自動計算し表示します。
最安値 当該コンディション・配送経路の最安値を表示します。
利益 利益を自動計算し表示します。
最安値 – (仕入れ金額+コスト合計)
セラー数  上段・・・当該コンディション・配送経路でのライバルセラー数を表示します。
下段・・・当該コンディションのライバルセラー数を表示します。
コスト合計 販売手数料 + FBA配送手数料 + 月額保管手数料 + コスト
販売手数料 商品のAmazon販売手数料を表示します。
カテゴリー成約料 商品のAmazonカテゴリー成約料を表示します。
FBA配送手数料 商品のFBA配送手数料を表示します。(FBAの場合のみ表示)
月額保管手数料 商品のFBA在庫保管手数料の月額を表示します。(FBAの場合のみ表示)
※商品サイズをインチからセンチへ変換する都合上、FBA料金シュミレーターとの金額に若干の差異が発生する場合があります。
コスト リサーチ設定」の「自己配送/FBA-コスト」で設定したコストを表示します。
Amazon Amazonにリンクします。
モノレート モノレートにリンクします。
仕入れ 商品を仕入れリストに追加します。
A 仕入れ金額入力欄 実際の仕入れ金額を入力します。

 

一覧表の下には、以下のような詳細情報が表示され、商品の売れ行きやライバル情報などをすぐに確認できます。

※1・・・販売予測数とは、1セラーあたりの販売個数の概算が算出されています。
販売回数(ランキンググラフの下降回数現在のライバルセラー数(自身含む)

※2・・・3ヶ月前、2ヶ月前、1ヶ月前それぞれの販売回数(ランキンググラフの下降回数)と、※1で算出された販売予測数を表示しています。

 

3.1.2仕入れ金額を入力する

仕入れ金額入力欄に、実際の仕入れ金額を入力します。それにより、利益額が自動算出され、表示されます。

デフォルトでは、自身の出荷経路・コンディションについて、「リサーチ設定」の「仕入目安設定」で入力した利益率を鑑みた仕入目安が自動表示されています。

(仕入れ金額の入力には、簡易テンキーが便利です。)

3.1.3仕入れリストに登録する

仕入れたい商品については、仕入れリストへの登録を行います。

「仕入れ」ボタンをタップすると、以下のように仕入れリスト登録エリアが出現します。

 

仕入れリスト登録エリア各項目の説明

項目 内容
出荷経路 出荷経路を選択します。(出品登録設定にて設定された出荷経路が自動選択されています。ここで個別で変更することが可能です。)
コンディション コンディションを選択します。(出品登録設定にて設定されたコンディションが自動選択されています。ここで個別で変更することが可能です。)
商品代金 商品の販売価格を入力します。手動入力、もしくは以下の自動入力が可能です。
F最安・・・FBA最安価格を取得し自動入力します。
自最安・・・自己配送最安価格を取得し自動入力します。
C・・・入力した数値をクリアします。
ポイント ポイントを付与する場合のポイント数を入力します。
手動入力、もしくは、商品代金の1%・5%・10%分のポイント数を自動入力します。
C・・・入力した数値をクリアします。
仕入れ金額 仕入れ金額入力欄に入力された仕入れ金額が反映されています。
+10%・・・税抜き価格を入力した場合、このボタンで消費税10%分を加算します。
C・・・入力した数値をクリアします。
SKU SKUを入力します。
自動・・・アマストリームの出品設定で設定された内容を基に、自動作成が可能です。
コメント 出品コメントを作成します。アマストリームの出品設定で設定された内容と連動します。
価格改定 価格改定をする/しないを選択します。
「する」を選択すると、以下のように価格改定設定エリアが表示されますので入力を行います。
やめる 登録途中に仕入れをやめる場合にタップします。入力された内容は全て破棄されます。
登録 こちらをタップし、仕入れリストに登録します。

必要事項を入力したら、登録ボタンをタップし、仕入れリスト登録は完了です。

POINT

仕入れリストの各項目の入力は、仕入れリスト登録後でも行えます。
実際店舗にてスキャンしていく場合、以下のように進めていくと効率的です。

①バーコード読み取り
②仕入れ金額入力
③「仕入れ」ボタンをタップ
④詳細を入力せずに「登録」ボタンをタップ

⬇︎
次の商品のバーコード読み取り
⬇︎
最後に仕入れリストを開いて、各商品の出品情報を編集
仕入れリストでの編集方法につきましては、「4.仕入れリストを出品する方法」をご参照ください。

 

3.2Bluetoothバーコードリーダーを利用する場合

❶スマートフォンにBluetoothバーコードリーダーをペアリングします。
ペアリングの手順については、お持ちのBluetoothバーコードリーダーの説明書をご参照ください。

style=

❷バーコード読み取りモードを選択します。

❸上図❸で簡易テンキー表示について選択します。

❹バーコードリーダーでバーコードを読み取ります。
バーコードリーダーの使用方法につきましては、お持ちのBluetoothバーコードリーダーの説明書をご参照ください。

以降、「3.1スマートフォン搭載のカメラを利用する場合」と同じ手順となります。

 

 

4.仕入れリストを出品する方法

4.1仕入れリストの確認

①仕入れリストボタンをタップします。

②仕入れリスト画面が開きます。
ここで商品がリストアップされているか確認します。

 

4.2仕入れリストの編集

仕入れリストには、「選択モード」「編集モード」の2つのモードがあります。

「選択モード」・・・仕入れリスト自体の編集を行います。仕入れリストから外したい商品を選択し、削除することができます。

「編集モード」・・・仕入れリストにリストアップされた商品について、出品情報の編集を行います。

4.2.1選択モードの使い方(仕入れリストから外したい商品を削除する)

①画面左下のモードボタンをタップし、「選択モード」にします。

②外したい商品をタップすると、商品欄右上に「選択」とマーキングされます。

③「削除」ボタンをタップします。

解除・・・選択を解除します。

全選択・・・全商品を選択します。

4.2.2編集モードの使い方(商品の出品情報の編集)

①画面左下のモードボタンをタップし、「編集モード」にします。

②編集したい商品をタップすると、編集画面が表示されます。

 

Aのボタンをタップすると、以下のような画面が現れ、商品の再検索や外部へのリンクが可能です。
ライバル価格や商品情報を再確認したい場合に便利です。

③編集し、編集画面右下「保存」をタップすれば、編集は完了です。

4.3仕入れリストを出品する

完成した仕入れリストは、アマストリームの出品画面から簡単に出品することができます。

①アマストリームの出品画面を開きます。
出品画面はこちら

②「新規出品」をクリックします。

③「仕入れリスト」ボタンをクリックします。

④出荷コードが作成され、仕入れリストの商品情報がアップロードされます。以降、通常通りの出品作業を行い、出品は完了です。

アマストリームからの出品方法につきましては以下のページをご参照ください。

 

5.スマートフォンにリサーチ機能のショートカットアイコンを追加する

お持ちのスマートフォンに、当リサーチ機能のショートカットアイコンを追加しておくと便利です。
以下の手順で、ホーム画面にショートカットアイコンを追加することが可能です。

5.1iOS端末での追加手順

①画面を開いた状態で共有ボタンをタップします。

 

②メニュー一覧が表示されます。
「ホーム画面に追加」をタップします。

 

③以下のように画面が切り替わります。
ここで、ホーム画面上に表示される名称を編集することができます。

最後に「追加」をタップします。

 

④ショートカットアイコンが追加されました。

 

 

5.2Android端末での追加手順

①画面を開いた状態で、画面右上のメニューアイコンをタップします。

②メニュー一覧が表示されます。
「ホーム画面に追加」をタップします。

③以下のように画面が切り替わります。
ここで、ホーム画面上に表示される名称を編集することができます。

最後に「追加」をタップします。

④ショートカットアイコンが追加されました。

 

6.ゲストモードを利用する

アマストリームの店舗リサーチ機能では、
アマストリームへログインせずにお使いいただける「ゲストモード」をご用意しております。

アマストリーム会員様以外の方でも、商品リサーチをお試しいただけます。

 

ゲストモードを試す

 

 

ATTENTION!

※店舗リサーチのカメラ機能は、スマートフォンのOSによって使用できるブラウザが限定されます。
詳しくはこちらをご参照ください。

 

 

6.1ゲストモードの設定について

ゲストモードは、以下の設定内容を基に表示されます。

<ゲストモード デフォルトのリサーチ設定>

項目 設定内容
ライバル情報を取得するモード 簡易
ライバル情報を取得するコンディション 新品、中古
自身の出荷経路 FBA
自身のコンディション 新品
仕入れ目安設定 10%の利益率もしくは1000円の利益のいずれか高い方
FBA納品-コスト 100円

 

6.2ゲストモードの機能

ゲストモードでは、以下の機能をご利用いただけます。

<ゲストモードでご利用いただける機能>

・スマートフォン搭載カメラ、バーコードスキャナーでの商品検索

・デフォルト設定の場合での、仕入目安/最安値/利益/セラー数/手数料の確認

・サマリー/グラフ/ライバル/商品情報の確認

※画面の一部がモザイクで表示されます。クリックすることでモザイクが解除されます。

 

ゲストモードでは、以下の機能はご利用いただけません。予めご了承ください。

<ゲストモードでご利用いただけない機能>

・仕入れリスト

・設定変更

・アマストリーム出品機能との連携

 

ページ先頭に戻り、店舗リサーチ機能の使い方を確認する